交通アクセス

川越同仁会病院への地図

所在地および連絡先

埼玉県川越市新宿町4丁目7番地5
049-242-0967(代表)

徒歩でお越しの方

JR川越線および東武東上線の川越駅西口より約20分(1.2km)。
Google Mapには歩きやすい道順を示しました。

バスでお越しの方

西武バス 系統番号「新所02」 (本川越駅東口発~川越駅西口~新所沢駅東口行き) のバスをご利用下さい。川越駅西口からは約10分。
最寄のバス停は 「川越同仁会病院入口」、そこから徒歩で約2分です。

お車でお越しの方

県道川越所沢線の角にセブン・イレブンおよび歩道橋のある交差点を、地図のとおりにお入り下さい。一方通行の道路の右側に見えてまいります。

地図を拡大・印刷
Google Mapで駅からの道順を見る

駐車場

  この色で表示されている部分が、外来者用駐車場です。

外来者用駐車場

歴史・理念

創設者 橋本定五郎博士

「川越同仁会病院」の開設は昭和8年です。  後に6代目の川越市長となる橋本定五郎氏が、埼玉県西南部に精神科専門病院のないことを憂い、新進気鋭の医師団にはからって設立を計画し、東京医学専門学校精神医学科教授であった安部達人博士を初代院長に迎えて、当初は「川越脳病院」として開設されました。
以来、当院は精神科を専門に、創立当初より公的性格をもった私立病院として地域社会の医療の一端を担ってきました。
今年で創立75年を迎えます。

初代院長 安部達人博士

創立時から一貫して、
 『万が一、自分の家族が病んだ時でも、安心して、ためらわずに入院させることができる病院』 
というあり方を目指した病院づくりを続け、今日に至ります。

精神科病院に対する偏見の払拭されていない時代に、いかなる時流にも惑わされずに、特に一宮祐子元院長(現名誉院長)在任中は、他に先駆けて病院の開放化と生活療法、社会復帰療法の充実に取り組み、治療環境の整備、改善を推し進め続けてきました。

平成9年からは鈴木純一前院長、それを引き継ぎ、現太田勝也院長を中心に積極的にグループ・ワークを取り入れ、話し合いの文化、個人の自由な発想や生き方の重視などの理念を更に加え、ひとりでも多くの患者さんたちに伸び伸びとリハビリテーションに取り組んで頂けるような病院作りの努力を続けています。

又、話し合いの文化は職員間でも同様で、職種、役職にこだわらず自由に意見やアイデアが出し合えるような環境を作っています。

当院を一言で表せば『自由でオープンな病院』と言えるでしょう。

記 平成20年5月  
院長 太田勝也  

院長紹介

川越同仁会病院院長:太田勝也

平成19年10月に院長に就任いたしました太田勝也です。

大学での研修、勤務の後、昭和61年以来、縁あって鈴木純一医師が院長を務めてまいりました海上寮療養所、川越同仁会病院において、20余年に渡って臨床にたずさわってまいりました。

また、患者さんひとりひとりの生き方、それをめぐる環境を大切にとらえ、怯え閉じこもりがちな方たちの気持ちを引き出し、押し付けることなくその気持ちに沿った生活づくりをお手伝いしてまいったつもりです。

これまで当院の歴史を担ってきた全ての職員に感謝し、その方たちが作り上げてきてくれた 「患者さんに優しく、丁寧な配慮をする川越同仁会病院」 という評判を今後も守りつつ、更に時代に沿った発展を図って行きたいと考えて居ります。

精神科治療も病院運営も、出来るだけ多くの職員が気持ちよく自由に語り合い、お互いに補い合ってそれぞれがその持てる力を存分に発揮して下さってこそ成り立つものと考え、そのような環境づくりを心がけております。 また、地域社会、関係機関との情報交換にも努め、地域のニーズに沿った頼りにされる病院を作って行きたいと思います。 ( 記 平成20年5月 )

《 経歴 》
昭和30年和歌山県生まれ。都立小石川高校卒。
昭和56年、順天堂大学医学部を卒業。
同大学にて研修の後、昭和58年~61年、順天堂大学精神科、順天堂越谷病院に勤務。
昭和61年~平成8年、海上寮療養所に勤務。
平成8年から約11年間、川越同仁会病院に医局長として勤務した後、平成19年10月院長に就任。

病院概要

法人名 医療法人(社団)川越同仁会
名称 川越同仁会病院
設立 昭和8年(1933年)6月2日
理事長 小杉 國武
院長 太田 勝也
事務長 田中 稔
副院長 高橋 恵介
敷地面積 9645.60㎡
建築延面積 5968.60㎡
診療科目 精神科
許可病床 257床
指定病院病床 20床(措置)
緊急システム 埼玉県精神科救急医療システム事業加入
看護配置 15:1看護(看護師40%以上70%未満)
看護補助加算75:1
許可事項 精神科作業療法・精神科大規模デイケア・薬剤管理指導 ・食事療養( I )・栄養管理指導・食堂加算
付帯施設 杉の子保育園
職員数 約200名
その他 指定自立支援法医療機関

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づき、川越同仁会病院では仕事と子育ての両立を図る為に必要な雇用環境を整えるべく、「一般事業主行動計画」を策定しております。

1. 計画期間

平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間

2. 内容

目標1:育児にかかる諸制度の利用方法を周知する。

対策

・育児休業中の労働者からの相談窓口を設置。

・育児休業中の処遇及び育児休業後の労働条件に関する事項の周知。


目標2:育児休業からの復帰後の子育ての為の支援

対策

・院内保育園の利用を促進する。

・小学校就学前の子を養育する労働者は申出により時間外、深夜業の制限並 びに労働時間短縮措置を行う。

リンク

ページトップへ